不倫調査の必要性の有無について事例を紹介

不倫調査の必要性の有無について事例を紹介

不倫調査の必要性は必ずしもあるとは限りませんが、自分で調べても分からない場合や自分で調べる時間がなく白黒はっきりさせたい、証拠を集めたいなどの場合は不倫調査の必要性は高くなるのではないでしょうか。探偵事務所や興信所などのホームページでは、浮気や不倫調査の事例や調査に至った経緯などが掲載されていることが多く、そのような紹介情報を見ることで調査の必要性の判断ができます。手帳・アドレス帳・日記など、意味不明の記号やチェックマークが記載されている、このような怪しげのサインを見つけたときは要注意です。この場合は、見たことがばれないよう元の位置に戻すなど再確認が大切です。不倫調査を行うことで、浮気をしている場合は証拠を集めることができますが、一口に探偵や興信所といっても得意分野はさまざまですから、依頼先が不倫や浮気調査の実績がどのくらいあるのかこれらの調査が得意分野になっていることを確認するなども重要です。

不倫調査で証拠は絶対に必要である理由は何か

不倫に至るプロセスはいろいろありますが、最終的には離婚に至ることが多いです。そうなると、問題は離婚後の保障や慰謝料がいくらになるかという問題になります。不倫が理由で離婚に至るのであれば、された方は十分の金額を手にすることが出来ます。しかし、そのためには証拠が必要であり、それを見つけるために不倫調査を依頼するのです。不倫調査がすぐに終わるかどうかは、浮気現場の写真を撮ることが出来たかどうかが関係してきます。また、これまでの期間がどれくらいになるのかどうかも調べます。チャットや音声のデータも証拠になってきますので、しっかり保存しておく必要があるでしょう。いずれにしても、裁判になった時に有利になるかどうかは不倫の痕跡を見つけたかどうかになりますので、大いに越したことはありません。精神的な傷は癒えるのに時間がかかりますし、ショックは大きいことでしょう。経済的なストレスを少しでも減らすために交渉を有利に進めたいものです。

岡山 不倫調査に関する情報サイト
不倫調査を依頼しよう!

このサイトでは、パートナーが浮気しているのではないか、証拠を突き止めて離婚・慰謝料請求をしたい、このような人に向けたお役立ち情報をご紹介しています。ただ、浮気の有無は調査してみないと分かりません。また、調査した結果どのようにしたいのか目的を明確にすることも大切です。ここでは、不倫調査の必要性は相手の行動を見て判断することや必要性の有無について事例を紹介、他にも離婚する場合は弁護士が良いことなどについても触れています。

Search